自然栽培 of Life

農業未経験者が自然栽培に挑戦します。

第3期 羽咋市自然栽培塾の開塾式に行ってきました。

   

式次第_はとむぎ茶_ノート

こんにちは。圭です。

今日は羽咋市が5年前から行っている自然栽培塾(正式名称:のと里山農業塾)の第3期生の開塾式でした。

コースは2つあって「米」と「野菜」の自然栽培を1年かけて学びます。
僕は「野菜」コースを選択。

この塾、過去に350人の卒業生がいらっしゃって、

等、活躍されている方がたくさんいるそうです。
成功例を聞き、自分の将来を妄想して夢が広がりました。
もちろん厳しい事もたくさんあるのだと思いますが。。。汗

開塾に合わせて、塾長の木村秋則さんから祝辞のコメントが届いていました。
一部覚えている部分を抜粋して紹介します。
「日本の農業がグローバル化(TPPですね)で厳しい状況に向かう中、安心・安全な食べ物を求める人が増えている。
大型、機械化した農業によって地球の環境破壊・温暖化が進む今、自然栽培の重要性を学び、地域の発展に貢献してください」
といったような内容でした。
地域貢献。はい、これを僕は頑張っていきます。

第3期_自然栽培塾_記念講演

開塾式の後は、ゲスト講師の西田さんより「日本一小さな農家の挑戦」と題した講演がありました。
石川県の能美市で無農薬野菜 風来を経営している西田さん。
30ヘクタールという狭さ(ギリギリ農家と呼べる広さだそう)で拡大はしていなくて、その理由は「幸せに生きる為」。
拡大して儲かったとしても忙しくなって家族との時間が無くなれば幸せじゃない、といった考えからだそうです。
自分も農業を始める時には、目標と「やることやらないこと」を明確にしようと思いました。

あっという間の2時間で、帰り際に2つお土産を買い物。
1つ目は、自然栽培のうどん。もう1つはライスミルク(↑で紹介したライスミルク)です。

自然栽培のうどんとライスミルク
うどんは1玉500円、ライスミルクは1本200円と高いのですが、今後の普及具合によって値段は下がってくると思います。
※ライスミルクの定価を調べると297円でした。塾生向けに安く販売して頂いたようです。

家に帰り早速うどんを食べました。普通のうどんよりも麺がしまっていて、沖縄そば(太麺)のような感覚。
ライスミルクは素材の甘さがとっても美味しい!甘さの秘密は独自の酵素糖化製法によって玄米のでんぷん部分は「オリゴ糖」に、タンパク質は「アミノ酸」に分解して甘さが作られており、つまり水と玄米以外使っていない飲み物です。すごいです。

次回、1月から塾の1回目の実習「土作り」が始まります。楽しみです!

 - 就農前, 自然栽培塾