自然栽培 of Life

農業未経験者が自然栽培に挑戦します。

枡田農園を訪問、自然栽培の畑を見てきました。

      2015/12/15

桝田さん
先日、枡田農園さんにお邪魔してきました。

枡田農園とは

2011年に石川県羽咋市に移住してきた枡田一洋さんの農園で、山あいの神子原地区にあります。
枡田さんは印刷業界からの転身で、木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」を読んで、農業をやる事を決めたそうです。
2011年の1年間は自然栽培塾のスタッフとして働き、2012年から自然栽培を開始しています。
僕が初めて枡田さんの野菜(商品)を食べたのは「トマトピューレ」で妙成寺という寺の売店で買い増した。やさしい甘さを感じました。
枡田さんは神子原で自然栽培を行うパイオニア的な方で、「自然栽培」という雑誌の連載もしていらっしゃるイケメンの方です。

自然栽培の畑を見る

桝田農園のオクラ1オクラの畑。まさに自然の山の中にある畑。

桝田農園ビニルハウスビニルハウス。トマト等、毎年いろいろ試しているそうです。
うまくいくこともあれば収量が30%になることもあるそうです。

枡田農園雷が落ちた木畑のすぐ近く、雷が落ちた木。
雷が落ちた地面は電気エネルギーが発生して良いらしく野菜への好影響がありそうとの事。

同行した1人の方が質問「畑が虫やられて困っている。明日は農薬を使おうかといつも頭をよぎる」と。
枡田さんは明確に回答していました。(過去の)肥料が土から年々消えるにしたがって虫も減るそうです。

実際に自然栽培の畑を見ると、普段見ている畑とは違う印象を持ちました。手入れされていない、という正直な感想。
しかしそれが自然栽培。
その後、枡田さんの「インゲンの胡麻和え」を食べる機会がありましたが、シャキシャキしていて人生で一番の味でした。

 - 就農前, 自然栽培の勉強